ホームニュースリリース一覧(2010年) > 2010年12月17日 - 「E-Commerce for Asia Alliance」(2009年4月22日設立、以下:「ECAA」)は2010年12月15日、 組織改編に関する発表会を開催いたしました。

[ ここから本文です ]

「E-Commerce for Asia Alliance」(2009年4月22日設立、以下:「ECAA」)は2010年12月15日、 組織改編に関する発表会を開催いたしました。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月17日
E-Commerce Asia Association

アジア向け電子商取引(EC)を行う事業者を支援するコンソーシアムからアジア全域のEC及びEC関連事業者の協会組織とし、名称も「E-Commerce Asia Association」(日本名称:アジアEC協議会)(略称:ECAA)へと変更いたします。
※改編に関するお知らせはこちらを参照:
http://ir.veritrans.co.jp/library/public_relations/20101110.html

発表会には、2010年12月15日現在で参加が確定している、アジア4カ国計35社のEC支援事業者、EC運営事業者が集まり、ECAAへの参加表明を行いました。その他、ECAAの活動に賛同する中国企業も参加し、各社の事業内容やECAAに対する考えなどご説明いただきました。

公開となりました「新ECAAの概要」と、参加を表明しているアジア4カ国計35社(2010年12月15日現在)について、以下、ご報告いたします。

◆新ECAA概要

法人形態: 一般社団法人(設立は2011年初旬の予定)
事業目的: アジアEC事業者、及び関連事業者間の交流、情報交換
対象地域: 東アジア・東南アジア
対象者: 自ら、EC事業を行っているEC事業者、及びEC事業を支援する関連事業者、
関連する各種団体、及び各国政府・地方自治体 または上記に関連する個人
主な活動: 交流(総会を年一回、分科会を随時開催)
各種セミナー・勉強会の実施
白書の作成
認定制度の作成

◆新ECAA賛同企業一覧(50音順)※2010年12月15日現在

各社の事業概要については、後日詳細を発表させていただきます。取り急ぎ、会社名のみで失礼いたします。

【日本企業(敬称略、50音順)】
株式会社アークコミュニケーションズ
株式会社アテナ
株式会社アドウェイズ
株式会社アパレルウェブ
WIPジャパン株式会社
株式会社エイジア
株式会社HDE
SBIチャイナブランディング株式会社
SBIベリトランス株式会社
株式会社エフカフェ
株式会社OCS
株式会社クララオンライン
株式会社クロスランゲージ
株式会社高電社
株式会社コマース21
ゴメス・コンサルティング株式会社
株式会社ジェーシービー
株式会社システムインテグレータ
株式会社 StrapyaNext
株式会社ソフトクリエイト
株式会社デジタルガレージ
株式会社転送コム
株式会社ネットプライスドットコム
株式会社フューチャーコマース
株式会社フューチャースピリッツ
ペイパルジャパン株式会社
マスターピース・グループ株式会社
三井住友カード株式会社
三井倉庫株式会社
郵便事業株式会社
株式会社ワークスアプリケーションズ

【中国企業】
上海艾瑞市场咨询有限公司(中国iResearch社)
北京九五太維資訊有限会社

【韓国企業】
INICIS

【マレーシア企業】
マネーオンライン

以上4カ国、35社。

今後は日本国内だけでなく、アジアにおけるEC事業者同士が直接交流し、提携・アライアンスを推進できる場を提供することで、アジア全体のECを活性化させることを目的に、活動を行ってまいります。

以 上

【本件に関するお問い合わせ先】
ECAA設立準備室 矢井/ 黄(こう)
Tel: 03-6229-0850(代表)
Email: info@ecaa.jp

ニュースリリース一覧へ戻る

このページの先頭へ戻る

会員一覧

一般社団法人E-Commerce Asia Association (ECAA)
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 デジタルゲートビル5F ベリトランス株式会社内

(C) ECAA All rights reserved.